Blog

ブログ更新情報


2022

新歓ブログ 新2年 安藤健太

こんにちは!

ついに地元で野生のサルを目撃してしまった新二年プレイヤーの安藤健太です。




新歓ブログということで、私がラクロス部に入部して良かったことを書いていこうと思います。



拙い文章になると思いますが最後まで読んでいただければ幸いです。




去年の4月に初めて武蔵の男子ラクロス部の試合を

見に行ったとき、


「ラクロスかっこいい」よりも

「この人たちかっこいい」と思いました。



競技自体ももちろんかっこよかったです。


でもそれよりもラクロス部の先輩たちの雰囲気、

人柄に惹かれました。



この人たちと4年間頑張ってみたい!

自然にそう思っており、直感で入部してしまいました。



このよう直感で入部した私ですが、

実際に一年間ラクロス部で過ごしてみて良かったことがあります。




それは素晴らしい仲間に出会えたことです!




まず、最高の先輩に出会えます!



ご飯に連れて行ってくれる先輩

気軽に話してくれる先輩

優しく、時には厳しくラクロスを教えてくれる先輩

ラクロスがうまい先輩など頼れる先輩ばかりです。



私が入部を決めた理由は、先ほど述べたように先輩の雰囲気と人柄に惹かれたからです。



高校時代は上下関係が厳しく、あまり先輩と接したことがなかった私ですが、気軽に話しかけてくれて仲良くさせてもらってます!




少しでも気になったあなたはぜひ体験会に来て、先輩の人柄の良さに触れてください!



必ず先輩の良さに気づきますよ!




次に、最高の指導者に出会えます!



部員に寄り添い、親身に教えてくれたり、

トップレベルで指導しているコーチがいたりします。



また、高校によくいる怖い監督はいません。



なので、分からないことがあったらなんでも聞いてくれます。


入部したらどんどんラクロスが上達していきますよ!




最後に、最高の同期に出会えます!



これが一番大事なんじゃないでしょうか。



上手くいったときには褒めあって、上手くいかなかったときは励ましあい、𠮟咤激励をしたり。


時には厳しく求めあって、時にはいじり倒す。

プライベートでも一緒に遊んで笑いあえる同期ができます。




大学でこんな同期はたぶんラクロス部に入らなかったら多分できていないと思います。



私もまだ三年あるので、同期を大切にしていきたいです!




私はこんなラクロス部の仲間に出会えて良かったと心から思います。



たくさん影響を与えてもらったので、自分の直感は正しかったんだなぁと感じました。



これが私がラクロス部に入部して良かったことです。




ここまで読んでくれて、

「武蔵大学男子ラクロス部がどんな場所かもっと知りたくなった」って方は他の部員のブログを読んでみてください!



また、実際に体験会に足を運んでみてください!



私のブログでは書ききれなかったラクロス部の魅力を

知ることが出来ると思います!



新入生の皆さんの入部を待ってます!


コメント
名前

内容